野生動物を飼う時は

野生動物を飼う時に気を付ける

野生動物は飼うことの許可が必要

今の日本の社会でも様々な動物を飼っていらっしゃる方がいます。そこでは国や自治体の許可が必要な種類も存在します。例えば、熊、猿、鹿などですが、これらは鳥獣保護法によって狩猟が認められていると定められています。そのために飼うこと、つまり飼育することは特殊な事情がない限りは認められてはいないです。その事情とは動物園などの場合が挙げられます。中には絶滅危惧種に対しても、無許可の販売や飼育が横行しています。このように野生の生き物を飼うことに関しては、勝手な判断で行うことなく、国や自治体に前もって問い合わせする必要があります。そしてこのような行為が自然環境の保護にもつながります。

動物病院はペットの種類で探す

大切な家族の一員であるペットが苦しそうにしていたら、動物病院に行きますよね。でも、近くの病院でその子は診てもらえるのでしょうか?ペットの種類によっては、診察をしてもらえない場合があります。イヌ・ネコの診察はほとんどの病院でしてもらえますが、例えばハムスターやフェレットといった小動物、小鳥などは診察できない所もあるのです。ですので大事なペットをたらい回しにしないためにも、行こうとしている病院で診察をしてくれるかどうか確認しましょう。これからイヌ・ネコ以外を飼おうと思っている人は、先に診てくれる所を確認しておくといいですね。

↑PAGE TOP

Copyright © 野生動物を飼う時に気を付ける All rights reserved